きっちり借金返済ブログ

クレジットカード現金化の注意点について

2015年5月 6日(水曜日) テーマ:クレジットカード現金化

クレジットカード現金化とは、カードのショッピング枠で商品を購入し、その商品を現金に換えるという方法です。そして、「買取り方式」と「キャッシュバック方式」という2つの方法が存在します。クレジットカード会社では、現金化という行為を認めておらず、カードの会員規約違反となってしまいます。規約違反した場合には、「残金の一括請求」「カードの利用停止」「カードの強制退会」などのペナルティを受けることになります。
ショッピング枠を現金化しても、リスクに見合う現金を手にすることはできません。クレジットカード現金化で、その時いくらかの現金を手にしたとしても、カードの利用代金は、カード会社に支払わなければいけません。この方法は、結局は一時しのぎとなるだけであり、ご自分の債務を増やす結果となりますので、くれぐれも注意しましょう。また、現金化業者を利用して購入した商品は、完済するまでは所有権はカード会社にあります。これを転売するという行為は、「横領罪」に抵触することになります。
クレジットカードのショッピング枠を現金化する業者に、提供したカード番号や個人情報などが、悪用されてしまう可能性もあります。また、利用者本人が犯罪に問われることや、トラブルに巻き込まれるなどの事例も存在しています。クレジットカード会社では、現在、行政機関などと協力しつつ、「クレジットカードのショッピング枠の現金化排除」に向けた総合対策を実施しています。

http://www.card-katsuyo.com/